1943 5月18日ザルツブルグにて、共に教師であったエドワードと

 マリア•ダンツィンガー夫妻の3人の子供のうちの長男として生まれる。

1962 – 1970 グラーツ医大で医学を学ぶ。在学中3年間、学術助手として、

 解剖組織研究所に勤める。

1972 – 1977 グラーツ大学精神神経病院にて、勤務医を経て、医長として勤務。

 精神分析、および集団精神分析家の資格取得。

 心理学と社会学を修める。

 カーラウ男子刑務所の勤務医を勤める。

1978 ハノーヴァーの医科大(ドイツ)とロンドンのモーズリー病院に留学。


1979 – 1982 グラーツ精神社会相談センターの創立、所長。

1982 ウィーン近郊クロースターノイブルグの州立グッギング精神神経病院医局長。

 ウィーン精神分析学会の会長

1987 グラーツ医大医学部で、臨床心理学の大学教授資格取得。

1991 ザルツブルグ州立神経病院の精神科局長。

 ザルツブルグ大学にて科学教員として勤務。

1996 – 2008 シュタイヤーマルク州立グラーツ•ジークムント•フロイト神経病院院長および精神第二科の医局長。

2008 - グラーツ精神分析学会、PSY3資格取得カリキュラム、グラーツ医大での教鞭、

 および、精神分析家としての活動を続けている。


2010 - 水、波をテーマにした油絵個展をオーストリア、スイスで開く。


 ウィーン精神分析学会、ジークムント•フロイト大学において、セミナー、講義、講演会多数。


出版著作物    犯罪心理学、心理分析、安楽死、社会心理などのテーマで論文、エッセイ、雑誌、学術誌などの著作多数。



著作物リスト(ドイツ語)


プライベート: 職業音楽家の妻、子供4人


趣味: 油絵 アルゼンチンタンゴ 囲碁 書道